ジャパンオープンジュニア

10月下旬、世界スーパージュニアの翌週に愛知県東山テニスセンターで行われる国際大会。世界スーパージュニアに次いで国内で2番目に大きなジュニア大会となる。一部の外国人選手は帰国するが、多くの選手が日本の二つの大会を連戦で戦う。

2011年の大会ではニック・キリオスが優勝、2015年にはデミノーが第1シードでベスト4とオーストラリアのトップ選手もこの大会に出場したいた。

優勝者

男子優勝女子優勝男子結果女子結果
2019年マックス・ウェストファルマリア・ボンダレンコ結果結果
2018年Gauthier ONCLINValentina RYSER結果結果
2017年Tristan BOYERLulu SUN結果結果
2016年Alafia AYENIMahak JAIN結果結果
2015年堀江亨相川真侑花結果結果
2014年Johan NIKLES村松千裕
2013年Duckhee LEEPriscilla HON
2012年Nikola MILOJEVIC奥野彩加
2011年ニック・キリオスElke LEMMENS

出場していたトップ選手(現TOP32選手)

年度男子女子
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年アレックス・デミノー [ベスト4]
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年

Junior Tennis Databaseはテニスの国内・ITFジュニアの主要大会の結果をまとめたサイトです。
登録大会数658、登録選手数1217、登録結果数33,232